ページの先頭です
メニューの終端です。

妊婦一般健康診査

[2019年4月1日]

ID:4519

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

妊婦健診を受けましょう!

佐倉市では、母子健康手帳を交付する際に、妊婦健康診査(14回)と出産した赤ちゃんの健康診査(2回)の費用を助成するため、妊婦・乳児健康診査受診票(母子健康手帳別冊)を交付します。妊娠がわかり医療機関で妊娠の診断を受けたら、お近くの子育て世代包括支援センターで妊娠届出をしてください。

妊婦一般健康診査受診票の利用回数

(1)妊娠8週前後、(2)妊娠12週前後、(3)妊娠16週前後、(4)妊娠20週前後、(5)妊娠24週前後、(6)妊娠26週前後、(7)妊娠28週前後、(8)妊娠30週前後、(9)妊娠32週前後、(10)妊娠34週前後、(11)妊娠36週前後、(12)妊娠37週前後、(13)妊娠38週前後、(14)妊娠39週前後の計14回

妊婦健康診査の内容

妊娠週数により異なります。

浮腫の有無、尿検査、血圧測定、梅毒の検査、貧血検査、グルコース検査、B型肝炎抗原検査、C型肝炎抗体検査、子宮頚がん検診、超音波検査、風疹抗体検査、HIV(エイズウイルス)抗体検査、B群溶血性レンサ球菌の細菌培養検査、HTLV-1(ヒトT細胞白血病ウィルス)抗体検査、クラミジア抗原検査

*厚生労働省:ヒト白血病ウィルス-1型(HTLV-1)の母子感染について
              ATLとHTLV-I のQ&A (厚生労働省へのリンク)

妊婦一般健康診査受診票について

・基本的な妊婦健診と健診にともなう検査の費用(自費分)について補助をします。
  検査のみの受診や、健康保険適用の検査は補助対象にはならないので、ご注意ください。
・受診票の有効期限は、母子健康手帳を受け取った時点から出産前までです。
・医療機関により、受診票の使用時期が決められている場合があります。あらかじめ医療機関にご確認ください。

市外・県外での利用について

・受診票は原則として千葉県内の協力医療機関で使用できます。
・県外の医療機関での受診を希望する場合、原則として、受診票を使用できるように医療機関と契約しますので、受診する1か月前までに健康増進課へご連絡ください。
 医療機関との契約ができない場合に限り、その健診にかかった費用の一部を助成します。 
 → 妊産婦・乳児一般健康診査の助成金申請方法

 

転出入の場合

佐倉市外へ転出の方

 佐倉市で交付された妊婦健康診査受診票は、転出日から使用できなくなります。転出先の市町村で必ず交換をしてください。
 詳しくは、転出先の市町村にお問い合わせください。

佐倉市内に転入の方

 以前にお住まいの市町村で交付された妊婦健康診査受診票(または同等のもの)は、使用できません。佐倉市の受診票に交換してください。
   *佐倉市子育て世代包括支援センター(健康管理センター、西部保健センター、南部保健センター、子育て支援課、志津北部地域子育て世代包括支援センター)で交換しておりますので、他市町村で交付された別冊(または同等のもの)と母子健康手帳をお持ちのうえ、お越しください。
   子育て世代包括支援センターとは(別ウインドウで開く)
 *南部保健センターでの妊婦健康診査受診票の交換は、予約制となります。事前にお電話でご予約のうえ、お越しくださいますようお願いいたします。
  ( 予約受付先 : 南部保健センター 電話:043-483-2812 )

 

妊産婦・乳児一般健康診査の助成金申請について

 里帰り等により、妊婦健康診査受診票が使用できない国内の医療機関等に受診した方に対し、その費用の一部を助成します。(ただし、母子健康手帳を受け取った後の受診であり、かつ健診受診時において佐倉市民であること。)

→ 妊婦・乳児一般健康診査の助成金申請方法

 

お問い合わせ

佐倉市役所[健康こども部]健康増進課

電話:043-485-6712 ファクス:043-485-6714

お問い合わせフォーム

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.