ページの先頭です
メニューの終端です。

暫定井戸の継続利用と千葉県環境保全条例の見直しに係る要望書の提出について

[2017年2月9日]

ID:16135

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

暫定井戸の継続利用と千葉県環境保全条例の見直しに係る要望書の提出について

「暫定井戸の継続利用と千葉県環境保全条例の見直しに係る要望書」を印旛郡市9市長の連名で千葉県知事へ提出しました

千葉県では、地下水の保全や地盤沈下の抑制を目的として、千葉県環境保全条例(以下「条例」という。)に基づき地下水の採取を規制しています。

このような中で、水道事業が水源として使用する例外井戸、いわゆる暫定井戸は、八ッ場ダムに代表される代替水源が確保された場合、速やかに新水源に転換することが求められています。

今回、水道事業が複数の水源を確保する事の重要性に鑑み、八ッ場ダム、及び霞ヶ浦導水等の代替水源が確保された場合においても、安全で安定した水道水の供給を確保するため、現条例下で暫定的に許可された水源井戸の継続利用や条例の見直しについて印旛郡市9市町の連名により、千葉県知事に対し要望書を提出しました。

要望書提出の様子

要望書提出の様子

提出日

平成29年2月1日(水) 千葉県庁にて

要望自治体(9市町)

成田市、佐倉市、四街道市、八街市、印西市、白井市、冨里市、酒々井町、栄町

要望内容

1 代替水源への転換条件が付された水源井戸の継続利用について
代替水源(表流水)が確保された場合の転換は、井戸の廃止ではなく、八ッ場ダム等の完成により新たに確保した水源と同量の地下水汲み上げ量を削減するなど量的調整も選択可能とすること。

2 条例の抜本的な見直しについて
県内における地下水揚水及び地盤沈下に関するモニタリング調査を基に、揚水と沈下の因果関係を科学的に整理するとともに沈下が沈静化した区域での規制の在り方を含め、条例制定当時からの状況の変化に照らし、適時適切な条例の見直しを行うこと。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[企画政策部]企画政策課

電話: 043-484-3374

ファクス: 043-486-8720

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.