ページの先頭です
メニューの終端です。

鳥インフルエンザについて

[2020年7月31日]

ID:18266

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

鳥インフルエンザについて

 例年、渡り鳥が飛来する冬季は、国内で鳥インフルエンザが発生する可能性が高まるため、全国的に注意喚起が行われています。

国内における発生状況については、高病原性鳥インフルエンザに関する情報(環境省)(別ウインドウで開く)をご確認ください。

市民の皆様におかれましては、以下のことに注意していただき、正しい情報に基づいた冷静な行動をお願いいたします。

鳥インフルエンザウイルスの感染について

 鳥インフルエンザウイルスは、鶏や野鳥などの鳥類に感染するウイルスです。

国内で人に感染した事例はなく、野鳥観察などの通常の接し方では、人に感染することはありません。

野鳥との接し方について

  • 日常生活において野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後には、手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありません。
  • 野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれるおそれがありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。
  • 不必要に野鳥を追い立てたり、つかまえようとするのは避けてください。

野鳥の死体を見つけたら

 野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。野生の鳥は、餌が採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうこともあります。

 もし、以下のような状況の野鳥の死体を見つけた場合は、触れずに生活環境課(043-484-6148)までご連絡ください。

  • 外傷のない水鳥(カモなど)猛禽類(ハヤブサなど)の死体
  • 同じ場所にたくさんの野鳥の死体がある場合

 上記以外の野鳥の死体(外傷のある野鳥の死体、スズメ、カラス、ハトなどの死体)を見つけた場合は、素手で触れないようにして可燃ごみとして処理してください。

 なお、土日祝日、年末年始にご連絡いただく場合は、代表電話(043-484-1111)までご連絡ください。

関連情報

検査対象野鳥リスト

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[環境部]生活環境課

電話: 043-484-6148

ファクス: 043-486-2504

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.