ページの先頭です
メニューの終端です。

第十一回 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の受付が始まります (令和2年4月1日から)

[2020年4月1日]

ID:26294

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

第十一回 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金について

 特別弔慰金は、先の大戦で公務等のため国に殉じたもとの軍人、軍属及び準軍属の方々に思いをいたし、その遺族に対して戦後 20 周年、 30 周年、 40 周年、 50 周年、 60 周年、 70 周年という節目の機会をとらえ、国として改めて弔慰の意を表すため、一定の日において支給されるものです。

請求期間

 令和2年4月1日から令和5年3月31日まで

支給対象となる遺族

 特別弔慰金の支給対象は、援護法による弔慰金の受給権を取得したかたとなります。

 また、令和2年4月1日(基準日)時点で、弔慰金受給者が死亡、日本国籍喪失、離縁などの理由で失格理由に該当するときは、他の遺族に特別弔慰金が支給されます。これを「転給」といいます。

 「恩給法による公務扶助料」や「戦傷病者戦没者遺族等援護法による遺族年金」等を受けるかた(戦没者等の妻や父母等)がいない場合に、特別弔慰金支給順位による先順位のご遺族お一人に支給されます。

特別弔慰金支給順位

戦没者等の死亡当時のご遺族で

(1)  令和2年4月1日までに、戦傷病者戦没者遺族等援護法による弔慰金の受給権を取得したかた

(2)  戦没者等の子

(3)  戦没者等の(ア)父母(イ)孫(ウ)祖父母(エ)兄弟姉妹

  ※戦没者等の死亡当時、生計関係を有している等の要件を満たしているかどうかにより、順番が入れ替わります。

(4)上記(1)~(3)以外の三親等内の親族(甥、姪等)

  ※戦没者等の死亡時まで引き続き1年以上の生計関係を有していたかたに限ります。

支給対象となる遺族

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

支給内容

 額面25万円、5年償還の記名国債

償還期間

令和3年から令和7年までの5年間(毎年4月15日以降)

留意事項

・特別弔慰金は、ご遺族を代表するお一人が受け取るものです。ご遺族間の調整は、記名国債を受け取ったかたが責任を持って行うことになります。

・請求期間を過ぎると請求できなくなりますので、ご注意ください

請求窓口

 佐倉市役所 福祉部 社会福祉課(4号館1階)

  ※請求者の住民登録地となります。

  ※請求者が、老人ホームへの入所等により、請求手続きを家族等に委任する場合も同様です。

手続きに必要な書類

 特別弔慰金の請求に必要な書類は次のとおりです。

(以下の説明において、下記の 1~18 の番号を提出書類番号として記載しています 。)

 ※請求されるかたによって、添付書類が異なります。

 ※請求書等の記入例については、手引きP48~P57参照

請求書等 ★印のついた書類については、社会福祉課へご請求ください。それ以外の様式は下記からダウンロード可能です。

★1. 請求書 (様式1)

★2. 印鑑等届出書 (様式2)
  3. 現況申立書 (様式3)   

  3-2.親族図(様式3-2 千葉県独自様式) 

戸籍書類 ※本籍地で交付を受けてください。

 4. 令和2 年 4 月 1 日 (基準日) 現在の請求者の戸籍抄本
 5. 戦没者等の死亡当時における戦没者等と請求者との続柄を証する戸籍
 6. 戦没者等の死亡当時における戦没者等と弔慰金受給権者(弔慰金 受給権者とみなされる者を含む)

  との続柄を証する戸籍(転給遺族のみ)
 7. 先順位者がいないことを証する戸籍(転給遺族のみ)
 8. 年金給付 の受給権者がいないことを証する戸籍
 9. 戦没者等の死亡時から 令和2 年 3 月 31 日 の間の請求者の戸籍

 ( 配偶者又 は転給遺族で第3~6順位の父母・孫・祖父母・兄弟姉妹が請求するとき)
  ※配偶者で前回特別弔慰金を受給している場合は、従前の特別弔慰金の基準日から 令和2 年 3 月 31 日 の間の配偶者の戸籍

次の場合は、提出が原則不要となる戸籍があります。

 ただし、裁定都道府県での審査により受給権に疑義が生じた場合、提出が必要となることがあります。

 (手引きP33~P35提出書類一覧表参照)
 (1) 請求者が過去に特別弔慰金を受給している(従前の特別弔慰金の受給者である )場合・・・提出書類番号 5~ 9 の戸籍は原則不要
 (2) 請求者の 同順 位者の遺族が従前の特別弔慰金の受給者である場合・・提出書類番号6~ 9の戸籍は原則不要
 (3) 請求者より先順位の遺族が従前の特別弔慰金の受給者 である 場合・・・提出書類番号 6 ・ 8 の戸籍は原則不要

請求者の状況に応じて必要な書類

10. 特別弔慰金失権事由非該当申立書(配偶者用)(様式 4)
  特別弔慰金失権事由非該当申立書(相続人請求用)(様式5)
11. 生計関係申立書(参考様式1)及び生計関係を証明する資料
12. 葬祭を行ったことを証明する資料
13. もとの身分、死因を証明する資料
14. 公務扶助料の受給者がいたことを証明する資料
  (文官公務扶助料を受給していた場合のみ必要)

成年後見人等が請求する場合

 15. 成年後見人等の登記事項証明書 等

相続人が請求する場合

 16. 相続人であることを証する戸籍

外国居住者が請求する場合

 17. 委任状(様式6)

請求手続、同順位者間の調整を委任した場合

 18. 委任状(様式7)

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の手引(令和2年施行 ・第十一回特別弔慰金)

よくある質問

Q1 請求書提出から国債が届くまでどのくらいかかるの?

A1 市に提出していただいてから、1年~1年半程度です。

Q2 何故そんなに時間がかかるの?

A2  市で受理された後、県、国、財務省、日本銀行等の複数の関係機関を経由するためです。(手引き P36参照)

Q3 令和2年4月1日以降に請求権のある遺族が亡くなってしまったんだけど?

A3  請求権があるかたの相続人が請求可能です。(手引き P21参照)

Q4 書類をフリクションペンや鉛筆で書いて良いですか?

A4  黒のボールペン等、消えない筆記用具でご記入ください。

Q5 印鑑等届出書の印鑑は実印ですか。また、印鑑証明の添付は必要ですか?

A5 印鑑は、実印や郵便局の届出印である必要はありません。認印で結構です。(スタンプ、ゴム製等は不可)

   また、印鑑証明は不要です。(手引き P26参照)

Q6 請求書類は、郵送可能ですか?

A6 可能です。郵送の場合、本人確認書類の写しも同封してください。(手引き P37参照)

Q7 窓口で相談したいんだけど、何を持って行けばいいですか?

A7 当日全ての手続きが済む場合もございますので、本人確認書類と印鑑をご持参ください。

   また、前回申請書類の写しや、裁定通知書、国債等を併せて持参いただくとお手続きがスムーズです。

Q8 本人確認書類は、何を持っていけばいいの?

A8 運転免許証やマイナンバーカードなど、公的機関が発行した顔写真付の場合は1点、それ以外は2点以上ご持参ください。

Q9 請求書申請後、請求者が亡くなってしまったんだけど?

A9  国債受領前か後で手続きが変わります。詳細は社会福課までお問い合わせください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 福祉部 社会福祉課
電話: 043-484-6135
ファクス: 043-486-2503
E-mail shakaifukushi@city.sakura.lg.jp

第十一回 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金の受付が始まります (令和2年4月1日から)への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.