学校経営

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 11913

令和4年度 学校経営 ~取り組みの重点~ 佐倉市立臼井中学校

1 佐倉市の教育理念

よく学び、自ら考え進んで行動し、生きる喜びを分かち合う、心豊かな市民をめざす‘佐倉の教育’の実現

2 社会で求められる力

(注釈)経済産業省提唱「社会人基礎力」

前に踏み出す力

  1. 物事に進んで取り組む力
  2. 他人に働きかけ巻き込む力
  3. 目的に向かい確実に行動する力

考え抜く力

  1. 現状を分析し目的や課題を明らかにする力
  2. 課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する力
  3. 新しい価値を生み出す力

チームで働き抜く力

  1. 自分の意見をわかりやすく伝える力
  2. 相手の意見を丁寧に聴く力
  3. 意見や立場の違いを理解する力
  4. 自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
  5. 社会のルールや人との約束を守る力
  6. ストレスの発生源に対応する力

3 学校教育目標

 明るく 直 なおく たくましく
 ~すべての活動に真摯に全力で取り組む臼井中生~

めざす生徒像

  1. うつくしい学校をつくる心優しい生徒
  2. すすんで学習する生徒
  3. いつも気づき考えて行動する生徒
  4. 仲間と協力し助け合える生徒

めざす学校像

  1. 明るいあいさつと笑顔と拍手があふれる学校
  2. いじめのない学校
  3. 思いやりに満ちた学校
  4. うつくしい学校
  5. 食の重要性を認識し、健康・体力の保持増進に努める学校

めざす教師像

  1. 教師としての使命感に燃え、自己啓発に励む教師
  2. 生徒との対話に努め、心に響く指導・支援を工夫する教師
  3. 人権感覚を身につけ、ことばを大切にする教師
  4. 豊かな感性と社会性を身につけた教師

4 取り組みの重点

  1. ICT機器を積極的かつ効果的に活用した授業
    • 佐倉市GIGAスクール構想に基づいたICT機器の活用を計画的に実施する授業
    • 授業規律を重視した授業展開と「話を聞く姿勢」の徹底を図る授業
    • 学習内容の明確化とICT機器の活用、板書の工夫、効果的なノート指導の充実を図る授業
    • グループ活動やペアでの話し合いを充実させ、より良い学習集団の育成を図る授業
    • 個に応じた指導とユニバーサルデザイン、インクルーシブ教育システムの視点を意識した授業
    • 指導と評価の一体化を工夫し、ICT機器などを積極的に活用することで、学習意欲や学習効果を高める授業
    • 千葉県及び佐倉市の学習資料などを活用し、家庭学習の習慣化を支援する
    • 「めあて」と「まとめ」がノートに明確に示されている授業
  2. 生徒の変化を瞬時に察知し、組織で判断し、即対応する生徒指導
    • 「いじめ、暴力行為は絶対に許さない」という毅然とした指導方針の公表と実践
    • 人間関係を鍛え,規範意識を高める部活動
    • 保護者や関係機関との積極的な連携による生徒指導の展開
    • その日のうちに指導を終える「早期発見・即対応」の確実な実践
    • 「生徒理解なくして生徒指導なし」という指導姿勢の徹底
    • 情報を共有化し、全職員で生徒を育てるという職員集団の姿勢
  3. 組織力をさらに高め、子どもたちのために全力で取り組める教師集団
    • 報告・連絡・相談・確認の徹底
    • 行事や校務分掌での若手職員の主担当設定
    • 若手職員を支援する中堅層職員のリーダーシップの育成
    • 若手職員の失敗を恐れない企画や実践と、ベテラン職員の経験に基づく指導・助言の融合

取り組みのスローガン

  1. 丁寧かつ即対応
  2. 物事を曖昧にしない

令和4年度 佐倉市立臼井中学校

この記事に関するお問い合わせ先

[教育委員会]佐倉市立臼井中学校
〒285-0863千葉県佐倉市臼井1530
電話番号:043-489-5635
ファクス:043-462-4894