出産・子育て応援事業(国の出産・子育て応援給付金)について

更新日:2023年11月10日

ページ番号: 16860

国の出産・子育て応援交付金を活用し、妊娠期から出産・子育てまで一貫して必要な支援につなぐ伴走型相談支援と経済的支援を一体化として実施する事業を、本市では令和5年1月30日から下記のとおり開始しました。

伴走型相談支援

妊婦や低年齢期(特に0~2歳)の子育て家庭に寄り添い、出産・育児等の見通しを立てるための面談や継続的な情報発信等を行って必要な支援につなぐ取り組みを行います。

面談の実施
時期 内容
妊娠届出時(母子手帳交付時)

・妊娠届出時に面談・アンケートに記入いただき、妊娠期から出産、育児に関する心配事の相談や必要な情報提供を行います。

・面談時に出産応援給付金(5万円)の案内、同日で申請も受け付けます。

妊娠7から8か月頃
※希望者は面談

・送付されるアンケートに回答をお願いします。

・アンケートをもとにすべての妊婦さんに電話を差し上げます。不安なく出産、育児ができるよう相談や必要の情報提供を行います。面談を希望される方はアンケートにその旨回答ください。

出生後
※新生児訪問(赤ちゃん訪問)時

・新生児訪問(赤ちゃん訪問)時に、面談・アンケートに記入いただき、産後の体調やお子さんの発育、子育てに関する心配事の相談や情報提供を行います。

・訪問時に、子育て応援給付金(5万円)の案内を配布します。

出生後も、母子保健事業や子育て支援サービスなどで支援していきます。

経済的支援(国の出産・子育て応援給付金)

妊娠届出や出生届を行った妊婦・子育て家庭に対し、出産育児関連用品の購入や子育て支援サービスの利用にかかる負担の軽減を図る経済的支援を行います。

支給対象者及び支給額

申請日時点で佐倉市民であり、次に該当する方


【出産応援給付金】 妊娠1回あたり5万円

・令和4年4月1日以降に妊娠届出をした妊婦

・令和4年4月1日以降に出産した母

※妊娠届を提出した後、流産等で出産に至らなかった場合も対象になります。

※妊娠届出前に、流産・死産した場合には対象となりません。

※妊娠期を海外で過ごし、日本国内で妊娠届出をしていない場合は対象となりません。

 

【子育て応援給付金】お子さん1人あたり5万円(双子は10万円)

・令和4年4月1日以降に生まれたお子さんを養育する方

※お子さんは申請時点で佐倉市内に住所を有すること。

申請方法

対象者になる方にはご案内と申請書をお渡しします。

申請書を記入・必要書類を添付のうえ、同封の返信用封筒で返送ください。

※対象者からの申請後、市が内容を審査の上、支給を決定します。

支給日

申請書を受理してから審査を行い、支給の決定まで約1か月かかります。

支給が決定しましたら指定の口座への振込予定日を決定通知書でお知らせします。

※口座番号や名義が異なる場合には、予定日に振り込みできない場合がございます。

※添付した口座確認資料の不足、口座名義人(カナ)が不明な資料、旧姓の口座名義等の場合、審査が遅れるため、お振込みにお時間がかかる場合がございます。

※お子さん名義の積み立て口座は指定できません。お子さんの養育者の口座(普通・当座)をご指定ください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

[健康推進部]母子保健課(母子保健班)
〒285-0825千葉県佐倉市江原台2丁目27番地
電話番号:043-485-6712
ファクス:043-485-6714

メールフォームによるお問い合わせ

ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?