橋梁点検結果について

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 2803

 平成25年の道路法改正等を受け、平成26年7月より、道路管理者は、全ての橋梁、トンネル等について、5年に1度、近接目視で点検を行い、点検結果として、健全性を4段階に判定することになりました。
 佐倉市では、市民・道路利用者の皆様に、橋梁老朽化対策の現状をご理解頂くため、橋梁の点検結果をまとめました。
 この点検結果は、今後の措置方針を検討するための資料となります。

判定区分(道路橋定期点検要領 平成31年2月 国土交通省道路局)
判定 区分 状態
1 健全 構造物の機能に支障が生じていない状態。
2 予防保全段階 構造物の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態。
3 早期措置段階 構造物の機能に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずべき状態。
4 緊急措置段階 構造物の機能に支障が生じている、又は生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態。

橋梁点検結果【2021年(令和3年)4月現在】(クリックするとPDFファイルが開きます。)

この記事に関するお問い合わせ先

[土木部] 道路建設課
〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97
電話番号:043-484-6155
ファックス:043-486-2505

メールフォームによるお問い合わせ