佐倉市近居・同居住替支援事業について

更新日:2022年11月04日

ページ番号: 5521

 佐倉市では、親と子が近居・同居する際の住宅取得費用の一部を補助します。親世帯と子世帯が近居・同居することで、親が育児や子育てのサポートをし、子が介護や見守りをサポートをするなど、お互いの不安や負担を軽減し、高齢期・子育て期を安心して過ごすことができます。

1.補助対象者

  1. 令和2年12月29日~令和5年3月31日までに移転(住民票の異動も含む)が完了すること及び住宅取得契約日から1年以内に取得住宅へ移転する者全員の移転(住民票の異動も含む)が完了すること
  2. 子世帯が、2004年(平成16年)4月2日以降に生まれた子どもを育てている世帯、または令和4年4月1日時点において夫婦どちらかが40歳未満の世帯
  3. 取得した住宅の持分割合が最も多いこと
  4. 補助金の交付を受けた翌年度から10年間住宅を使用すること

2.補助金額

住宅取得費用の2分の1以内(上限額 30万円)

(注意)子世帯が同一の世帯の子ども(2004年4月2日以降に生まれた子)を3人以上扶養している場合、10万円加算

住宅金融支援機構のフラット35地域連携型のご利用について

近居同居住替支援事業(子世帯において18歳未満の子どもを育てている場合に限る)、を申請される方で、住宅金融支援機構のフラット35を利用される方は5年間0.25%の金利の引き下げを受けられる制度です。

(詳細は下記リンクをごらんください)

補助金の概要・流れ

この記事に関するお問い合わせ先

[都市部] 住宅課
〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97
電話番号:043-484-6168
ファックス:

メールフォームによるお問い合わせ