塚本美術館

更新日:2023年07月05日

ページ番号: 3036

お知らせ

『古刀から現代まで時代を代表する名品展』 令和5年7月4日~9月29日

【短刀 無銘 行光】
【短刀 無銘 行光】

【短刀 無銘 行光】
行光は鎌倉時代後半の相模の刀工です。相州(相模)鍛冶は地肌や刀文にやや大きめの沸が強く作用し、地肌に地景、刃文に金筋・砂流しといった働きが現れる特徴があります

【短刀 無銘 行光】の白鞘
短刀行光白鞘

【短刀 無銘 行光】の白鞘
明治から昭和にかけての著名な長崎出身の政治家『伊東巳代治』の旧蔵で、自身で細かに特徴を記した鞘書が残っています

【刀 銘 月山貞利】
刀 銘 月山貞利

【刀 銘 月山貞利】
現代刀工の指導的立場の月山貞利刀匠は、鎌倉時代の月山鍛冶の後継で、俊才ぶりを発揮し数々の賞を獲得しています。この作品も月山鍛冶秘伝の綾杉肌が見事な優品です


今回展示期間中の第三土曜日(7/15、8/19、9/16)に国の重要文化財の【名物大青江】を特別展示いたします

施設概要

大きな扉の入り口横に看板が掲げられている理宇塚本美術館入口付近の写真

 塚本美術館は、国内有数の収蔵数を誇る日本刀専門のユニークな美術館です。

 佐倉出身の実業家、故塚本素山氏のコレクションをもとに設立されました。刀身400点、鞘250点の所蔵品の中から、3ヶ月ごとに約20点ずつを展示しています。

施設案内

床に赤い絨毯が敷き詰められ、壁側にはガラス張りの展示スペースがある塚本美術館内の写真
  • 所在地:佐倉市裏新町1-4
  • 開館時間:午前10時から午後4時
  • 休館日:土曜日・日曜日・月曜日、祝日、年末年始 (注意)第3土曜日を除く
  • 入館料:無料
  • 交通 :京成佐倉駅下車徒歩約10分、JR佐倉駅下車徒歩約20分
  • 駐車場:無料

地図

お問い合わせ

塚本美術館 電話: 043-486-7097

(注意)展示内容につきましては、塚本美術館に直接お問い合わせください。

[産業振興部]佐倉の魅力推進課

電話: 043-484-6146 ファクス: 043-484-5061

この記事に関するお問い合わせ先

[産業振興部]佐倉の魅力推進課(観光班)
〒285-8501千葉県佐倉市海隣寺町97番地
電話番号:043-484-6146
ファクス:043-484-5061

メールフォームによるお問い合わせ