ペットの災害対策について

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 2931

 災害時に大切なペットと避難をするためには、日ごろからの準備が必要になります。以下のことを確認し、災害時の対策を講じておきましょう。

  •  (注意)本市の避難所では同行避難が認められておりますが、人の居住スペースとは隔離された所定の係留場所で、飼い主自身が管理することが原則となります。
  •  (注意)危険動物の同行避難は受け入れられません。

日ごろの準備

  • しつけ
     無駄吠えをさせない、ケージにおとなしく入らせる、トイレを決められた場所でさせるなど
  • 健康管理
     狂犬病予防注射、その他ワクチンの接種など
  • 犬鑑札や迷子札での身元(所有者)表示
     犬が迷子になって保護された際に所有者を特定することができる
  • ペット用防災用品
     食料、水、ケージ(雨風に強いもの)、リード、トイレ用品
  • 避難所やペットホテル
     避難所への経路の把握、台風など予期できる災害時にペットホテルを利用

避難所での対策

  • ケージを利用
     風水害に備え雨風に強いケージを利用し、毛布などで防寒対策をする
  • リードを利用
     ケージがない場合はリードで係留する
  • 管理
     定期的にペットの状態を確認し、排泄物の処理や健康管理をする

​​​​​​​ペットの災害対策について

この記事に関するお問い合わせ先

[環境部]生活環境課(生活環境班)
〒285-8501千葉県佐倉市海隣寺町97番地
電話番号:043-484-6148
ファクス:043-486-2504

メールフォームによるお問い合わせ