蚊の発生を防ぎましょう

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 2450

蚊の防除対策について

蚊は人を刺すだけでなく、昨今海外で流行しているジカ熱やデング熱等の様々な感染症を引き起こす恐れがある生き物です。

蚊の駆除は容易でないため、発生を防止することがより重要です。

蚊の幼虫対策

蚊の防除は、水中に生息している蚊の幼虫であるボウフラの対策が重要です。

蚊は水たまりに卵を産み付け、ボウフラは水がなければ生息しません。

  • 不要な水たまりをなくしましょう。
     植木鉢の受皿、空き瓶、空き缶、コンビニ弁当などの空き容器、落ち葉などで詰まってしまった雨どい、放置されたタイヤなどに溜まった水などを捨てましょう。
  • なくせない水たまりは定期的な清掃、水の交換を行い、衛生管理をしましょう。
水中で生育する7匹ほどの細いボウフラを写した写真

水中で生育するボウフラ

蚊の成虫対策

蚊の成虫対策としては、ボウフラ対策に加え、蚊を寄せつけない、刺されないための対策が必要です。

  • 蚊の侵入場所に防虫網・網戸を設置する。
  • やぶや草むらは定期的に刈り取り、風通しを良くする。
  • 外出時は肌の露出を避け、刺されないようにする。
人の皮膚の上に止まっている白黒模様のヒトスジシマカの写真

この記事に関するお問い合わせ先

[環境部]生活環境課(生活環境班)
〒285-8501千葉県佐倉市海隣寺町97番地
電話番号:043-484-6148
ファクス:043-486-2504

メールフォームによるお問い合わせ