住宅地などにおける農薬の適正使用について

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 5045

住宅地などで農薬を散布する際には注意が必要です

 住宅地などで農薬を散布する場合は、人の健康や生活環境に悪影響を及ぼすことがあるため注意が必要です。

農薬を使用する前に

  • 病害虫が発生しているか再確認しましょう
     病害虫がいないのに農薬を使用することは控えましょう。
  • 他の方法も考えてみましょう
     害虫の捕殺、被害部分の剪定、防虫ネットなど、農薬に頼らない方法を優先的に取り組みましょう。

やむを得ず使用するときは

  • 散布は必要最小限にとどめましょう
     被害箇所のみに散布するなど、できるだけ最小範囲での散布に留めましょう。
  • 散布することを十分に周知しましょう
     あらかじめ周辺住民に周知しておき、突然農薬を散布することによるトラブルを起こさないようにしましょう。
  • 天候や時間帯などを考慮しましょう
     風の強い日や、子どもが多くなる時間帯などは避けるようにしましょう。

ご近所に迷惑をかけないようにするために

 ガーデニングや家庭菜園などでも注意が必要です。
 農薬に敏感な方もいますので、十分配慮しましょう。

関連

パンフレット

この記事に関するお問い合わせ先

[環境部]生活環境課(生活環境班)
〒285-8501千葉県佐倉市海隣寺町97番地
電話番号:043-484-6148
ファクス:043-486-2504

メールフォームによるお問い合わせ