公民館 佐倉学講座

更新日:2022年06月10日

ページ番号: 15536

根郷公民館佐倉学講座「佐倉にゆかりのある映画 ―昭和・平成時代―」

先日、テレビ東京の『アド街ック天国』において、佐倉が取り上げられ、それ以外にもテレビ等のロケ地として、メディアの露出が増えている佐倉市です。
そんな中、令和4年6月3日(金曜日)、根郷公民館において、佐倉学講座『佐倉にゆかりのある映画』が開催されました。講師の内田義久氏は、若いころから佐倉についてさまざまな資料を収集され、佐倉の研究を続けていらっしゃる方です。
さて、本講座では、「佐倉にゆかりのある…」の解釈を、1.ロケ地が佐倉。2.登場人物が佐倉にゆかりのある人物。3.1秒でも佐倉にゆかりの場所が描かれれば可。という3点で絞り、昭和8年から平成27年までの期間で、合計33本の映画が紹介されました。
昔の映画では、エンドロールに撮影地等が入ることがほとんどなく、ロケが行われた事実を確かめることが大変だったそうです。そんな、時代考証ならぬ、撮影場所考証にまつわる裏話や、講師の先生ご自身が体験されたエピソード等も併せて、映画をご紹介いただきました。さらに、会場には、内田氏がこれまでに収集された貴重な資料も展示されました。
今回の講座を受講し、佐倉の風景が、こんなに多くの映画に登場していたなんて、びっくりです。また、佐倉には、知られていない魅力がまだまだあり、「佐倉学」は、それを発見する機会となることを実感できました。
これから、「佐倉にゆかりのある映画」の聖地巡礼をしてみたくなりました。

 

実施日:令和4年6月3日(金曜日)10:00~11:30

講 師:内田 儀久氏

この記事に関するお問い合わせ先

[教育委員会 教育部] 社会教育課
〒285-8501 千葉県佐倉市海隣寺町97
電話番号:043-484-6188
ファックス:043-486-9401

メールフォームによるお問い合わせ

ご意見をお聞かせください
このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?