隠れ里

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 2502

隠(かく)れ里(さと)

 下勝田から直弥に通ずる道路の左側の水田に面したところに南向きの崖がある。
 その中腹に洞窟(どうくつ)があって、俗に「隠れ里」と呼んでいる。
 あるいは八木房田(やぎぼうだ)まで続いているなどと言われるが、昔、夜更けて人が寝静まると、ここから米を搗(つ)く音が聞こえてくる。
 そして村人が什器(じゅうき)の不足にこまるとき、そこへいって「お膳(ぜん)100人前、貸してください」といえば、翌朝は必ずこの付近に並べられており、使用後もとの位置にもどしておくと、いつの間にか見えなくなっている。
 まことに不思議なことだと伝えられている。しかも、これはかの天慶の乱(939年)の落武者(おちむしゃ)が隠れ住んで、なせる業(わざ)だというのである。
 椀貸(わんがし)伝説は「たんたん山」にも伝えられているが、これは、九州から東北地方まで広く分布している。
 しかも、狭い地域に相接近して伝えられているのが普通である。
 そして下勝田では、旧家である八木の房田の背戸山まで通ずる地下道(ちかどう)があり、隠れ里と結びつく椀貸し伝説は、たまたま通行を許された者が、たいていは家が富み、永く栄え、旧家として久しく家柄(いえがら)を誇るのがごく普通の形式であるが、ここではこの後の部分が忘れられてしまっている。

植物やお椀、馬に乗った人などが描かれた昔話「隠れ里」をイメージした水彩画

この記事に関するお問い合わせ先

[公民館] 和田公民館
〒285-0065千葉県佐倉市直弥
電話番号:043-498-0417
ファクス:043-498-0417

メールフォームによるお問い合わせ