ページの先頭です
メニューの終端です。

ごみ集積所のカラス除けネットの使い方について

[2018年5月23日]

ID:2223

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ごみ集積所のカラス除けネットの使い方について

せっかく設置したカラス除けネットも、適切に使用しないと効果がない場合があります。以下の点にご注意ください。

1.ネットの網目は5ミリ以下のものを選ぶ。

→網目が大きいとカラスのクチバシや猫等の爪が届いてしまいます。

2.ごみ袋をネットにしっかり被せる。

→隙間があるとネットの外に引っ張り出されてしまいます。

3.ネットの縁にオモリをつける。またはごみをネットに包み込むように入れる。

→ネットは軽いため、風などでめくれ上がることがあります。めくれ上がって動物にもぐり込まれてしまいます。

4.日の出から朝8時30分の間に出す。

→夜間は猫等に荒らされる他、イタズラされる恐れがあります。

5.ネットの穴や裂け目は修繕する。

→穴などからクチバシが届いてしまいます。

6.管理する上での注意点

→通行者がネットに足を引っかけて転倒したという事故があります。ごみ収集後は折りたたむなど、ネットの管理にご注意ください。

カラス除けネットのかけ方事例

【効果的でない例】
ネットのすき間からごみ袋が出ているため、荒らされている。

【効果的な例】
ごみ袋全体を包み込むようにネットをかけている。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市 環境部 廃棄物対策課  
清掃事業班 電話: 043-484-6149 
ファクス: 043-486-2504
E-mail: haikibutsu@city.sakura.lg.jp

ごみ集積所のカラス除けネットの使い方についてへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.