ページの先頭です
メニューの終端です。

高崎川流域の水防体制と施設整備の水害対策について

[2014年10月8日]

ID:4953

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

経緯:高崎川流域の鏑木町や表町地域は、過去に度々大きな水害に見舞われ、特に平成3年、平成8年、平成13年には、大きな被害が発生しました。

水防体制

水防班体制 

・水防体制として、市職員による水防班体制を整備しました。
鏑木町側に土木部水防班、表町上流側に総務部水防班、表町下流側に都市部水防班をそれぞれ配置し、各公園に設置した水防倉庫の資機材を使用して、水防活動を実施しております。
 また、災害時要援護者の対応とし、福祉部に避難援護班を整備しました。

・特に、水害の発生が予想される降雨時には、高崎川南街区公園の現地指揮所に現地指揮本部を開設して、指揮命令をしています。

・災害等の情報は、町田街区公園、小沼街区公園及び山ノ下街区公園に設置している、防災行政無線により放送をしています。
 また、水防班の広報車や消防団の消防車両による、広報も実施しています。

・避難所は、広域避難場所・避難所に指定されている寺崎小学校、佐倉中学校及び佐倉東高等学校の他に、佐倉商工会議所を臨時避難所として開設する場合もあります。

・毎年、6月上旬に高崎川南街区公園において、市民と市や消防署、消防団などが合同で、水防訓練を実施しています。

水防班体制(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

佐倉市消防団体制

・佐倉市消防団は第1分団と第4分団が、それぞれ指定された箇所に配備する体制となっており、市水防班と連携を図りながら、水防活動を実施します。

佐倉市消防団体制(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

施設整備

寺崎南部調整池と大崎台調整池

・都市化による開発が進むと、降った雨が土の中に浸透する量が少なくなり、一度にまとまって川に流れ出る量が多くなるため河川が氾濫します。
 そこで、一度この雨を溜めて、少しずつ河川に流す調整池が重要となります。そこで、寺崎都市下水路上流部に、寺崎南部調整池新設と大崎台調整池の改修を実施しました。

 

寺崎都市下水路

・寺崎都市下水路の排水断面を大きくする改修工事を実施しました。
(工事総延長647m、水路幅3.9~6.0m)

 

雨水排水ポンプ施設

・大雨時には高崎川の水位が、宅地側の土地より高くなることがあります。このような場合、川の水が堤防を越えなくても、宅地側の水が川に流れず、道路上に溜まり宅地が浸水します。
 そこで、佐倉市は宅地側の水を強制的に川に排水するため、雨水ポンプ施設を整備しました。
 現在この地域には、本設ポンプが9箇所と仮設ポンプが4箇所の、合計で13箇所に雨水排水ポンプが設置されています。

雨水排水ポンプ施設(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[室]危機管理室

電話: 043-484-6131

ファクス: 043-486-2502

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


高崎川流域の水防体制と施設整備の水害対策についてへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.