ページの先頭です
メニューの終端です。

特定外来生物について

[2020年7月7日]

ID:24836

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

特定外来生物について

特定外来生物とは

 「特定外来生物」とは、外来生物法(正式には「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」)により、生態系などに被害を及ぼすものとして指定された生物です。

 生態系などに被害を及ぼす、とは、人間にとって危険であるだけでなく、繁殖力の強さから、以前からその土地にいた在来種を絶滅させたり、在来種にとって代わり、生物多様性が失われ、外来生物で単一化した生態系を形成することも含まれます。
 そのため、外来生物法では、特定外来生物に指定された生物を飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つことなどを原則禁止しています。

佐倉市の主な特定外来生物

 いずれも外来生物法において、特定外来生物に指定された生物を飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つことなどは原則禁止されています。

カミツキガメ

 佐倉市をはじめ印旛沼流域内には特定外来生物であるカミツキガメが多数生息していることが確認されています。雑食性で、在来種や固有種を直接食べてしまったりなど、在来種への影響が危惧されております。

 カミツキガメは、例年5月から6月を繁殖期として活動が活発となりますので、遭遇する可能性が高まります。

 発見しても、触れたりしないでください。カミツキガメにより、かまれたり、ひっかかれたりした場合には、大けがにつながることもあり、陸にいるときは特に攻撃的ですので、小さいお子さんなどは手をかまれないよう注意する必要があります

 あやまって釣り上げてしまった場合など、捕獲した個体については、市や警察において緊急的な収容を行いますので、ご連絡ください。 (市や警察が捕獲作業を行うことはありません。)

  •  佐倉市役所生活環境課 043-484-6148 (土・日・祝日を除く)
  •  佐倉警察署 043-484-0110

 千葉県は「千葉県におけるカミツキガメ防除実施計画書」を環境省に提出し防除をおこなっています。

 特定外来生物「カミツキガメ」の防除について(千葉県生物多様性センター リンク)(別ウインドウで開く)

 環境省HP 「特定外来生物の解説:カミツキガメ」(別ウインドウで開く)

セアカゴケグモ

 佐倉市内で、過去に確認された例がある特定外来生物です。

 メスは毒を持ちますので、見つけても手で触れたりしないようご注意ください。

 佐倉市内での発見例についての詳細は、こちらのページ(別ウインドウで開く)に掲載しています。

 環境省HP「セアカゴケグモ・ハイイロゴケグモ」(別ウインドウで開く)

オオキンケイギク

 5月から7月ごろにかけて、おおよそ膝から腰の高さほどの草丈で、コスモスに似た形の鮮やかな黄色の花を咲かせます。

 繁殖力が旺盛で、在来種を駆逐する可能性があるため、栽培、運搬、繁殖しないようご留意ください。 

 所有地に生えている場合には駆除をお願いします。

 駆除の際は、種子ができる前に根ごと引き抜き、タネがこぼれないよう袋の中で枯死させてから、可燃ごみとして焼却処分してください。

環境省HP 「特定外来生物の解説:オオキンケイギク」(別ウインドウで開く)

ナガエツルノゲイトウ

 佐倉市内の河川の両岸や、田んぼ・水路などで生育が確認されています。

 この植物は、乾燥に強く、ちぎれた茎片で容易に増殖し、在来種を駆逐するにとどまらず、その繁殖力で水田や水田の畔(あぜ)を覆ったり、水面にマット状に繁殖できることから、水路を塞(ふさ)ぎ、激しい降雨時には水路の溢(あふ)れを引き起こす可能性もあります。

 そのため、見つけても、栽培、運搬、繁殖しないでください。

 所有地に生えている場合には駆除をお願いします。

 駆除の際は、土中の茎から引き抜いてよく乾燥させ、枯死させてから、可燃ごみとして焼却処分してください。

 また、ちぎれたかけらで容易に繁殖してしまうため、水路の下流へ流れないようネットを張るなどの対策をしたうえで行ってください。

 環境省HP 「特定外来生物の解説:ナガエツルノゲイトウ」(別ウインドウで開く)

オオフサモ

 オオフサモは、観賞用の水草として持ち込まれたものが、野外で繁殖するようになったもので、主に河川や水路で確認されています。

 所有地に生えている場合には駆除をお願いします。

 駆除の際は、土中の匍匐茎(ほふくけい)で越冬する性質があるため、土中の茎から引き抜いてよく乾燥させ、枯死させてから、可燃ごみとして焼却処分してください。

 また、ちぎれたかけらで容易に繁殖してしまうため、水路の下流へ流れないようネットを張るなどの対策をしたうえで行ってください。

環境省HP 「特定外来生物の解説:オオフサモ」(別ウインドウで開く)

 

 

その他注意が必要な外来生物について

 特定外来生物に指定されてはいませんが、日本にもともといなかったうえに、その繁殖力から注意が必要な外来生物について、注意喚起のため掲載いたします。

ナガミヒナゲシ

 道路脇の植え込みなどで咲く、オレンジ色の可憐なポピーですが、根から毒性物質(アレロパシー物質)を出すことで、他の植物の生育を阻害し、街路樹を枯らすこともあることが分かっています。

 花が終わると結実し、大量の細かい種子を周囲にばらまいて生育域を拡大していきます。

 所有地に生えている場合には、種子ができる前に根ごと引き抜き、可燃ごみとして焼却処分してください。

アメリカオニアザミ

 ヨーロッパ原産のキク科の植物で、7月から10月に紅紫色の花を咲かせます。

 繁殖力が非常に強く、在来の植物の生育場所を奪うなどの影響を与えるだけでなく、葉や茎などの様々な部分に鋭いトゲを持つため、人やペットを傷つける恐れがあります。

 所有地に生えている場合には、駆除をお願いします。

 駆除を行う際は、鋭いとげがあるため革手袋等をつけて、草刈り鎌などで刈るか、スコップ等を使用して周辺の土ごと掘り上げてください。株や根が残っていると再生しますので、再度駆除が必要です。

 刈り取ったり抜き取った植物は、指定のごみ袋に入れて、可燃ごみとして焼却処分してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[環境部]生活環境課

電話: 043-484-6148

ファクス: 043-486-2504

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


特定外来生物についてへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.