ページの先頭です
メニューの終端です。

朝を元気によーいドン!~朝食を食べよう~

[2016年6月6日]

ID:15153

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

朝食、食べていますか?

 平成26年度国民健康栄養調査によれば、習慣的に朝食をほとんど食べない人の割合は、男性が14.3%、女性が10.5%ですが、その中でも20歳代、30歳代での比率が高くなっています。佐倉市でも20歳代、30歳代男性、40歳代女性に朝食欠食率が高い傾向が見られます。(平成23年度市民健康意識調査結果より)

1日3回規則正しく食事をとることは、健康に過ごすために大切なこと。とりわけ、朝食はその日の活力と栄養素を補給する大切な食事です!

なぜ朝食は必要なの?

 朝食を食べることで、次のような効果があります。

■体温の上昇効果
 ・朝食を食べることで、身体の中で胃などの消化器官が筋肉運動を始めます。その熱を利用して眠って
  いる間に低下した体温を上昇させ、身体を活動しやすい状態にさせます。

■脳の働きを活発に
 ・脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖ですが、脳はブドウ糖を貯めておくことができません。寝ている
  間にエネルギーが欠乏した脳に栄養を届けることで、脳の働きも活発になり、集中力や記憶力が高まります。

■便秘の予防・解消
 ・朝食を食べることで、腸が刺激を受け、便が送り出されます。生活リズムを整えることにより、排便のリズムが作られます。

 

どんな朝食を食べたらいいの?

 脳や身体のエネルギー源になる「主食(ご飯やパン)」に、体温を上げ、脳の働きを活性化させる「たんぱく質のおかず」、身体の調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維がとれる「野菜のおかず」を組み合わせてとることが大切です。

献立例~例えばこんな組み合わせ~

⇒牛乳・乳製品や果物なども組み合わせるとさらに◎です♪

朝食おすすめレシピ

1品でたくさんの野菜と肉・乳製品がとれ栄養満点の「サラダそぼろ丼」をご紹介します。
 ※佐倉市市制60周年記念事業「マイヘルスプランコンテスト」の「朝を元気に!よ~い丼!時短♪簡単♪栄養満点朝食どんぶりコンテスト」部門で最優秀賞となったレシピです。

サラダそぼろ丼

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

 また、健康管理センター、西部保健センター、南部保健センターでは、忙しい朝にぴったりの簡単でおいしいメニューが盛りだくさんの「かんたん♪おいしい♪朝食レシピ集」を配布しております。(無料) 毎日の朝食づくりにご活用ください。

 ☆こちらのページからもダウンロードできます。 → 「かんたん♪おいしい♪朝食レシピ集」

 

朝食は身体の目覚ましスイッチです!

 朝日を浴びて朝食を食べることで、体内時計がリセットされ、生活リズムが整います。

        「早寝・早起き・朝ごはん♪」

 朝食は毎日のこと。日々完璧な朝食を食べることは難しいものですね。朝食を食べる習慣がない人は、まずは少しずつでも何か食べる習慣を。食べていてもバランスのそろわない人は、簡単なメニューをプラスして、バワンランク上のバランスの良い朝食をめざしましょう!

 

佐倉市では、「朝食を必ず食べる市民の割合の増加」を推進しています。

 「佐倉市健康増進計画 健康さくら21(第2次)」、「第2次佐倉市食育推進計画」に朝食に関する指標を設定し、目標達成に向けた取り組みを行っております。

お問い合わせ

佐倉市役所 [健康推進部] 健康推進課
電話: 043-312-8228  ファクス: 043-485-6714

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[健康推進部]健康推進課

電話: 043-485-6711

ファクス: 043-485-6714

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


朝を元気によーいドン!~朝食を食べよう~への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.