水道管の凍結について

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 14303

凍結のしやすい場所は

次のような場所が凍結しやすい場所です。

  • 水道管が露出している場所
  • 北側にある水道管
  • 風当たりの強いところ 

凍結を防止するには

佐倉市はあまり雪が降りませんが、上記のような場所で凍結が起こった事例もあります。普段気にしていない場所ですが、点検してみましょう。

  • 管が露出している場合には、保温材を付けましょう。地面に近い場所では土を被せることも有効です。
  • 蛇口から細く(ストローの太さ程度)水を出すことも効果があります。ただし、この方法は、流した水量が合計で1立方メートル(m3)を超えると水道料金に影響してきますので、非常に冷え込みが厳しい時にだけ使ってください。

凍結してしまったら

  • タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけましょう。
  • 熱湯はかけないでください!水道管が破裂する恐れがあります。

水道管が破損して漏水してしまったら

  • 水道メーターボックス内にある止水栓を閉めて水を止め、佐倉市水道事業指定給水装置工事事業者(指定工事店)に修理を依頼してください。
    なお、宅地内の修理はお客様のご負担となります。
  • 使用者の方がご不在で、近隣の方からご連絡を頂いた場合には、こちらで止水栓を止め、漏水があった旨のメモを投函します。