ページの先頭です
メニューの終端です。

佐倉市内水ハザードマップについて

[2015年4月1日]

ID:4218

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

佐倉市内水ハザードマップとは?

 佐倉市では1時間当り50mmの大雨に対応できる下水道施設の整備を進めていますが、近年はそれを上回る降雨による浸水被害が発生しています。このマップは、そういった大雨の時に、自分が住んでいる場所でどの程度の浸水状況になるのかを把握し、日頃から浸水への備えをすることで、浸水被害を最小限に抑えることを目的に作成しました。
 災害時の注意事項や、避難場所などの情報も記載してありますので、もしもの時に備えてご参考にしてください。
 A1版の地図を、下記の場所で配布しております。

【配布場所】
 ○市役所下水道課、市民課、市政資料室 ○志津出張所 ○ユーカリが丘出張所 ○臼井・千代田出張所 ○根郷出張所 ○和田出張所 ○弥富出張所 ○佐倉市民サービスセンター ○西志津サービスセンター

佐倉市内水ハザードマップについて

 佐倉市における浸水想定範囲や浸水深、避難場所などを記載した図面に加え、平常時における心得や避難に関する情報など、防災学習情報を掲載しております。

佐倉市内水ハザードマップダウンロード(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

  ※浸水範囲と深さについて
    このマップで示している浸水範囲や浸水深さは、佐倉市でこれまでに観測された最大降雨、1時間当り65mm(平成21年8月10日)と同等の雨が降った時の浸水状況を、浸水実績を基に想定したものです。
  ※内水と洪水の違い
   ・内水とは、河川の水位が高くて水が流れないときに発生する浸水のことです。(これを内水による浸水と呼びます。)
   ・洪水とは、河川の水が堤防から溢れたときに発生する浸水のことです。(これを外水による浸水と呼びます。)
  ※注意事項
    浸水の深さは道路高を基準に想定しているため、道路より地盤が低くなっている箇所では局所的に浸水が発生したり、想定浸水深が深くなることがあります。
    また、浸水実績を基に浸水範囲を想定していますので、マップで示された箇所以外でも浸水が発生する可能性がありますので注意してください。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[上下水道部]上下水道部

電話: 043-485-1191

ファクス: 043-485-1194

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


佐倉市内水ハザードマップについてへの別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.