小児初期急病診療所の業務紹介

更新日:2022年06月01日

ページ番号: 3079

 当診療所は、医療の機能分担を明確化し、時間外におけるこどもの救急医療を確保するという目的から地元印旛市郡医師会の全面的な協力により、小児科(内科系疾患)専門の初期救急医療機関として、平成14年10月1日から日曜・祝日、年末年始は午前9時から午後5時(受付は午前9時から午後4時45分)まで、また毎日午後7時から翌朝の6時まで診療を行っています。
 医師は開業医のほかに独立行政法人国立病院機構下志津病院、東邦大学医療センター佐倉病院、日本医科大学千葉北総病院、成田赤十字病院及び聖隷佐倉市民病院の5病院から小児科病棟勤務医が事業に参加し、処方薬の調剤は印旛郡市薬剤師会所属の薬剤師が行っており、多くの医療従事者の参加に支えられ、毎夜間の診療業務が可能になっています。
 受診者は年間約1万人います。
 このうち、97%の方は当診療所の処置で帰宅されており、残りの3%の方は医師が検査及び入院を要すると判断して、小児科医が待機する二次救急医療機関へ搬送または紹介を行なっています。
 開設・設置は佐倉市が行っておりますが、医療区域の広域化に伴い、運営には印旛郡の8市町の協力をいただいております。
 (注意)平成18年11月1日 当診療所を中心とした印旛地域における小児救急体制を評価され、診療業務を行う社団法人印旛市郡医師会が日本医師会より「日本医師会最高優功賞」を受賞しております。

業務の紹介

業務の紹介(クリックするとPDFファイルが開きます)

小児初期急病診療所開設の経緯です。

小児初期急病診療所の診療体制です。

こどもの医療環境を一緒に守りましょう

 小児科にかかる患者の9割は軽症と言われていますが、症状に関わらず休日や夜間に診療を受けるために大きな病院の時間外診療を利用する方が多くいました。
 このため、医療従事者は過重労働から現場を去る「医師不足」につながることが問題になっています。
 この診療所は、印旛地域の病院が本来の機能を発揮できるように、毎晩翌朝までこどもの急病を受け入れております。
 なお、こどもは大人に比べて急に容態が変化することがあります。
 お子さんのため、また地域の医療を守るために、できる限り、日頃の健康状態をよく知る「かかりつけ医」で診療時間中に受診しましょう。

受診するか迷ったときは!

近くに相談相手がいないときなど、受診するべきか判断に迷う場合は以下を参考にしてください。

外観・内装(開設時)

佐倉市健康管理センターの外観写真
赤いランプの下に小児初期急病診療所と書かれた、病院入口の写真
レッドカーペットの上に立ちテープカットを行っている1人の女性と4人の男性の写真
藤色のベンチが3つ並んでいる受付の写真

この記事に関するお問い合わせ先

[健康推進部]健康推進課(総務企画班)
〒285-0825千葉県佐倉市江原台2丁目27番地
電話番号:043-485-6711
ファクス:043-485-6714

メールフォームによるお問い合わせ