ページの先頭です
メニューの終端です。

佐倉市域における二酸化炭素排出量の現況

[2021年12月2日]

ID:13760

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

佐倉市域における二酸化炭素排出量の現況について

2005年度(平成17年度)及び2009年度(平成21年度)から2017年度(平成29年度)までの佐倉市域から排出された二酸化炭素排出量をお知らせします。

対象部門

産業部門:製造業、建設業、農林業など

家庭部門:家庭

業務部門:事務所、店舗、病院など

運輸部門:乗用車、貨物、鉄道など

廃棄物部門:廃棄物の焼却

※排出量算定に用いる統計資料等が2年遅れで公表されることから、現在把握している排出量の最新値は平成29年度となります。

 

佐倉市の二酸化炭素排出量(千t-CO2)

佐倉市二酸化炭素排出量
 

2005

2009 2010 2011 2012 2013  20142015 2016 2017 
 合計1,9111,6511,459 1,518 1,500 1,590 1,503 1,552 1,718 1,669 
 産業部門1,4191,111  933  966  883  977  945 1,005 1,163 1,109 
 家庭部門 174  192  198  210  238  250  208  195  207  227 
 業務部門 149 156  148  170  189  188  174  177  154  155 
 運輸部門 153  175  164  155  172  159  160  155  172  160 
 廃棄物部門  16   18   16   17   18   17   17   20   22   18 

※数値は四捨五入しているため合計値が合わない場合があります。

※都道府県別エネルギー消費統計の推計方法の変更により(CO2)排出量の見直しをおこなっています。

人口1人あたりの排出量
単位:t-CO2(年度)
人口1人あたりの排出量200520092010201120122013201420152016

2017

0.91 9.408.298.618.52 8.94 8.46 8.74 9.709.44

二酸化炭素排出量の推移

佐倉市の二酸化炭素排出量の推移

※第2次佐倉市環境基本計画「市域の温室効果ガスの算定方法」を基に算出しました。

 【基準値】2013(平成25)年度
    市域から排出される温室効果ガス(CO2)排出量  1,590千t-CO2
 【中間値】2025(令和7)年度
    市域から排出される温室効果ガス(CO2)排出量  1,383千t-CO2(13%減 △207千t-CO2)
 【目標値】2030(令和12)年度
    市域から排出される温室効果ガス(CO2)排出量  1,177千t-CO2(26%減 △413千t-CO2)

平成29年度実績:基準年度(H25年度)比4.97%増加

産業部門と家庭部門の排出量推移

産業部門と家庭部門の排出量推移表

※産業部門(2017年度)

 ➡基準年度比13.5%増加しており、産業部門の排出量は全体の約66%を占めているため、合計に及ぼす影響が大きくなっています。

 

※家庭部門(2017年度)

 ➡基準年度比(H25年度)9.2%削減

今後の対応

 排出量削減には持続的な取組みが必要です。

 引き続き啓発活動や補助事業を行い、市民・事業者・行政が連携して地球温暖化の原因の一つである二酸化炭素の排出量の削減に取り組んでいきます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所 [環境部] 生活環境課
電話: 043-484-6716 ファクス: 043-486-2504

佐倉市域における二酸化炭素排出量の現況への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.