ページの先頭です
メニューの終端です。

佐倉市域における二酸化炭素排出量の現況

[2017年2月2日]

ID:13760

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

佐倉市域における二酸化炭素排出量の現況について

2005年度(平成17年度)から2013年度(平成25年度)までの佐倉市域から排出された二酸化炭素排出量をお知らせします。

対象部門

廃棄物部門:廃棄物の焼却

運輸部門:乗用車、貨物、鉄道など

業務部門:事務所、店舗、病院など

家庭部門:家庭

産業部門:製造業、建設業、農林業など

※排出量算定に用いる統計資料等が2年遅れで公表されることから、現在把握している排出量の最新値は平成25年度となります。

佐倉市の二酸化炭素排出量

佐倉市の二酸化炭素排出量
単位:千トンCO2
部門別CO2排出量2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度
平成17年度平成18年度平成19年度平成20年度平成21年度平成22年度平成23年度平成24年度平成25年度
産業部門製造業1,1211,3721,074774824696737668683
建設業・鉱業121214121211121110
農林水産業10677778910
小計((1))1,1431,3911,095793843714757687703
家庭部門(2)213196233220207212236255253
業務部門(3)136139157172161150167193215
運輸部門自動車旅客171167167163166167165170154
貨物676768676463626163
鉄道111011111111121313
船舶000000000
小計((4))249244246241240241239244230
廃棄物部門(5)191916202018181917
合計((1)+(2)+(3)+(4)+(5))1,7601,9901,7471,4461,4721,3341,4171,3981,418
※数値は四捨五入しているため合計値が合わない場合があります。
人口1人あたりの排出量
単位:t-CO2
人口1人あたりの排出量2005年度2006年度2007年度2008年度2009年度2010年度2011年度2012年度2013年度
9.96 11.26 9.88 8.18 8.29 7.50 7.95 7.85 7.98

二酸化炭素排出量の推移

佐倉市の二酸化炭素排出量の推移

※「地球温暖化対策地方公共団体実行計画(区域施策編) 策定マニュアル(第1番)簡易版」平成22年8月 環境省を基に算定した。

 市域の排出量は、ピークであった2006年度から2008年度までに約27%の大幅な減少となり、続いて2008年度以降は、多少の増減があるものの、横ばい傾向となっております。

産業部門と家庭部門の排出量推移

産業部門と家庭部門の排出量推移

 排出量の減少が大きかった部門は産業部門です。ピークであった2006年度から2008年度までに約42%の大幅な減少となり、続いて2008年度から2013年度に掛けて、緩やかな減少傾向にあり約11%減少しております。

 一方で、家庭部門は2005年度から2013年度に掛けて、緩やかな上昇傾向にあり約19%増加しております。

今後の対応

 排出量削減には持続的な取組みが必要です。

 全体として排出量が減少傾向にあるとしても、引き続き啓発活動や補助事業を行い、市民・事業者・行政が連携して地球温暖化の原因の一つである二酸化炭素の排出量の削減に取り組んでいきます。

ご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

お問い合わせ

佐倉市役所[環境部]環境政策課

電話: 043-484-4278

ファクス: 043-486-2504

電話番号のかけ間違いにご注意ください!

お問い合わせフォーム


佐倉市域における二酸化炭素排出量の現況への別ルート

ページの先頭へ

Copyrightc Sakura City. All rights reserved.